人気のルテインサプリ

ルテイン・アントシアニンが豊富な琉球アイサプリ「一望百景」

「一望百景(いちぼうひゃっけい)」は国産素材のアイサプリです。沖縄本島産「八重山かずら」にはルテインがホウレン草の3倍、沖縄県久米島産「紅イモ」にはアントシアニンがブルーベリーの4倍含まれています。これらの素材を使って作られた目に良いサプリメントです。



>>「一望百景」詳しくはコチラ




紅イモ


沖縄の名産品としても有名な紅芋。一度は沖縄旅行のお土産としてもらったことがあるんじゃないでしょうか?そんな紅芋には、実は、アントシアニンが豊富に含まれています。


アントシアニンといえば北欧のブルーベリーのイメージが強いですが、日本の中にもアントシアニンを豊富に含む食材はあるのです。


また、ベリーに由来するアントシアニンよりもイモに由来するアントシアニンのほうが、加熱によるダメージを受けにくいので、サプリメントとして商品化する際にも含有量があまり減らずに済むというわけです。


八重山かずら


八重山かずらはルテインを豊富に含み、100グラムあたりの含有量で比較した時にはホウレン草の3倍にも及びます。


植物が自分のからだを紫外線から守るためにもルテインは必要となっている成分です。


琉球アイサプリ「一望百景」では、従来のルテイン含有量5ミリグラムから、2016年4月、20ミリグラムに大幅アップしています。これをルテインを多く含む野菜であるホウレン草で計算すると、200グラム分、ボウル6杯ほどの量となります。


沖縄にはメガネをかける人が少ない?


1人あたり1年間でメガネに使うお金のデータを見てみると、沖縄県民は全国平均の半分以下しかメガネにお金を使っていないそうです。それほど、メガネをかけている人が少ない県なのです。


若者だけでなく高齢者を見てみても、沖縄には眼鏡をかけている人は少ないです。


ルテイン豊富な「かずら」とアントシアニン豊富な「紅いも」を食べる機会が多いことも、この大きな理由になっていると考えられそうです。もちろん一概にこの食生活のみとは言えませんが、影響はしているのかもしれませんよね。


イモの歯である「かずら」には、ルテインのほかにもミネラル・ビタミンも豊富に含まれています。



>>「一望百景」詳しくはコチラ




実際に通販してみました。





>>「一望百景」公式HPはコチラ




その他のルテインサプリ

口コミで人気?ルテインサプリ「めなり」は効果あり?
ルテイン配合の機能性表示食品「めばえ」
ゼリータイプのサプリメント?「朝のルテイン&プラセンタ」


人気のルテインサプリ

 

目に関するお役立ちコラム

 

目の病気