目に関するお役立ちコラム

目の疲れ・眼精疲労の症状について


仕事で長時間同じPC画面を見ていることも多いですが、そういったことを繰り返していると頭痛や疲れ、目のぼやけなどを感じるようにもなってしまいます。そして頭痛を感じるようになってしまう人もいるものです。


こういった症状は目の疲れ・眼精疲労が原因になっていることが多く、それはPCなどの液晶画面から発せられるブルーライトが原因です。


ブルーライトはPCだけでなくテレビやスマートフォンからも発せられるため、毎日いくつもの機器から発せられるブルーライトが視力低下につながっているようなこともあるでしょう。ですから眼精疲労を感じるようになったら、対策としてPCメガネを用いてみましょう。


PCメガネをすることによって画面から発せられるブルーライトを少しでも遮ることができるので目も疲れにくくなります。ですが、PCメガネをすることで目が疲れにくくなるのは良いですが、裸眼で見るよりもPCの画面がはっきり見えない様なこともあります。


ですからそれがストレスになってしまうようなこともあるので、PCメガネを購入するときはきちんと自分がはめた時の感触も分かるように、きちんと店頭で見て選んでみるといいでしょう。そうすることで自分にフィットするPCメガネを購入することができるので、焦点があわないことで目の疲れを感じるようなことも少ないでしょう。


普段メガネをかけていない人であれば、PCメガネをかけることで違和感を感じてしまうこともありますが、慣れてくるとそういった違和感も感じなくなるものです。仕事中だけでなう趣味でスマートフォンを見るような時にも活用すると良いです。


そして液晶から発せられるブルーライトは、寝る前に多く浴びると脳の刺激になり、睡眠妨害になってしまうようなこともあります。ですから寝る前のスマートフォンは控えるとともに、避けるようにして視力の回復を狙いましょう。視力が下がってきた時は目を休める時間を多く作って回復させていくことも大事です。


関連コラム

ブルーライトの悪影響とブルーライトカットのPCメガネについて
ピントフリーズ現象とは?一時的な近視?原因と解消方法は?
スマホ老眼とは?予防・対策方法は?近視とスマホ老眼は違う?



人気のルテインサプリ

 

目に関するお役立ちコラム

 

目の病気