目に関するお役立ちコラム

ブルーライトの悪影響とブルーライトカットのPCメガネについて


そもそも"ブルーライト"とは目に見える光:可視光線の中でもエネルギーが強く、380?500ナノメートルの波長があり、その強い光は目の深部まで到達すると言われています。近年急激に普及したLED(発光ダイオード)に使用されており、例えば、液晶テレビやパソコン、スマートフォンには必ず使用されています。そうなると、ほとんどのデジタル機器等で使用されていることになります。現代人にとっては切っても切り離れない存在となっていますね。


それでは、一体人体にどんな影響があるのでしょうか。まず、先述したとおり、ブルーライトは紫外線に次ぐ、非常に強いエネルギーを持った可視光線です。


(角膜への影響)最近の研究では、長時間ブルーライトを浴びると、「視細胞」を通して顔面の神経(三叉神経)を刺激することから、痛みが発生することが分かってきました。それにより、目の疲れや痛み、更には肩こりや頭痛を引き起こすことになります。


(網膜への影響)太陽の光は紫外線が強いので直接見てはいけないというのは、ご存じでしょうが、紫外線に次ぐ強い光を持つブルーライトにも同じことが言えます。この光によって網膜が直接ダメージを受け、中心部にある黄斑を傷つけてしまいます。これにより、加齢黄斑変性という眼病を引き起こす原因となり、最悪の場合、失明に至るケースもあります。


(人体への影響)人体はブルーライトの光を浴びると(見る)、その強い光により太陽光線と勘違いしてしまいます。これはつまり、夜に太陽光線を浴びたことと近い状態になることから、体内時計が狂うことになるのです。それにより、本来夜間に分泌されるはずであった睡眠ホルモンが出なくなり、不眠症の原因にもなるのです。


これらの悪影響を少しでも予防するためにも影響されやすいといわれる、夕方?夜間のデジタル機器の使用を控える、ブルーライトをカットしてくれるメガネなどを利用するなど、上手につきあっていきたいですね。


ブルーライトカットの眼鏡について


最近、パソコンの液晶画面から発するブルーライトが目に良くないという話を耳にするようになりました。ブルーライトとはパソコンなどの液晶ディスプレイで、LEDをバックライトに使っているタイプの液晶ディスプレイから出ている青色の光のことを言うのですが、この青色の光が目にあまりよくないというのです。その意味では、パソコン以外でも、液晶テレビやスマートフォン、携帯ゲームなど多くのデジタル機器で、このLEDを使った液晶ディスプレイが用いられていますから、どれでも目に良くないということになります。


パソコンの液晶ディスプレイを見ていて目が極端に疲れるようになった、目が痛い、頭痛がする、寝つきが悪くなったなどの症状がある場合は、ブルーライトカットのPCメガネを使用してみるのも良いでしょう。ただ、ブルーライトが悪い影響を及ぼす可能性については諸説あり、ブルーライトカットのPCメガネを買わせる目的で恐怖を煽るような宣伝はあまり好ましいとは言えません。では、実際にブルーライトカットのPCメガネの効果があるのだろうかという問題ですが、これは個人差があるようです。メガネをつけてすぐに目の疲れや痛みが無くなるというよりも、使い続けていくうちに徐々に疲れや痛みが軽減されるというほうが正確だろうと思われます。


ブルーライトカットのPCメガネには、除去率に違いがあり、売れ筋は除去率が30%、もしくは50%の2種類になっています。両者を使い分けてみると、色合いが違ってきます。除去率が30%にものはほとんど透明に近く見えるのに対して、除去率が50%のものは多少色がついて見えます。目により優しいのは除去率が高いほうですが、見やすさを優先するのなら除去率が低いほうになります。除去率が低くても、何もしないで直接液晶ディスプレイを見るよりは良いだろうということです。メガネを付けるのが嫌な方は、液晶フィルムを貼ったり、「f.lux」というソフトで光を調節する方法もあります。


関連コラム

ドライアイ・目の乾きの原因や対策方法は?涙の分泌についても
ピントフリーズ現象とは?一時的な近視?原因と解消方法は?
スマホ老眼とは?予防・対策方法は?近視とスマホ老眼は違う?



人気のルテインサプリ

 

目に関するお役立ちコラム

 

目の病気