目に関するお役立ちコラム

ピントフリーズ現象とは?一時的な近視?原因と解消方法は?


パソコンやスマホを長時間使っていると、視界がぼやけてピントが合わなくなってしまうことがあります。これをピントフリーズと言い、目の疲労による一時的な近視の状態のことを言います。ピントフリーズは目を酷使してしまうことで起こるもので、長時間パソコンやスマホの画面など近くにあるものを見続けることでピントを合わせる仕事を行う毛様体筋が緊張状態になり血流が悪くなって、その働きが鈍くなってしまうことが原因で起こる眼精疲労の一種です。


ピントフリーズ現象を解消する方法は、緊張して凝り固まってしまっている毛様体筋をほぐすことです。毛様体筋を休ませるためにしっかりと睡眠をとったり、蒸しタオルなどで目の周りを温めたり、お風呂に入って全身の血行を促進させるのが効果的です。しかし仕事中ではなかなかできるものではないため、簡単にできる目のストレッチを行いましょう。


目のストレッチのやり方は簡単で、ぎゅっと目を固く閉じてパッと開き、顔を動かさずに眼球だけで上、下、左、右の順に見ていきます。これで毛様体筋が動いて血行が促進され、ピントフリーズ現象が解消されていきます。


また、1時間に5分から10分程度遠くを見て、近くを見る、という動作を繰り返すことでこり固まっている毛様体筋の緊張をほぐすことができます。これは近くのものを見る時には毛様体が緊張し、遠くのものを見る時には毛様体が弛緩する、という特性を生かしたピントフリーズの解消法になります。仕事が忙しくてそんなことをしている暇がないという時には意識して瞬きを多くすることも目の周りの血行促進に効果的だと言われています。


毎日の生活の中で予防を行うことも可能です。目に良いと言われているブルーベリーやカシスに含まれているアントシアニンには毛様体筋の血行を良くする効果があるため、ピントフリーズ現象の予防や改善効果が期待できます。目の血行を良くする効果があるビタミンEや疲れ目の回復効果があるビタミンB群など、ビタミンやミネラルをバランスよく摂取するのもピントフリーズの予防効果が期待できます。


関連コラム

疲れ目の対策には冷やす?温める?どっちが正解なの?
ブルーライトの悪影響とブルーライトカットのPCメガネについて
スマホ老眼とは?予防・対策方法は?近視とスマホ老眼は違う?



人気のルテインサプリ

 

目に関するお役立ちコラム

 

目の病気