目に関するお役立ちコラム

老眼チェック方法と治療方法・回復方法


老眼とは、近い所が見えにくくなる症状で、40歳前後から始まる目の老化現象の1つ。家族の中で、新聞などを体から離して読む場面を見たことがあるなら、それが老眼です。その方は遠くない将来シニアグラスをかけることになります。


個人差はありますが、誰もが老眼になります。それは近視・近眼であってもいつかは老眼になります。目にはカメラのレンズに当たる「水晶体」があります。近くを見るときにはこの水晶体を厚くし、遠くを見るときには薄くなるように調節をする毛様体筋が加齢とともにその働きができなくなってしまいます。


最近では老眼のような症状を若い人が訴えることがあるのだそうです。長時間のスマホやパソコンの使用で、夕方になると近くがボヤけて見える症状がでるというのです。「スマホ老眼」とよんでいます。


目を酷使するとこれと同じような状態になり、子どもや若い人でも同様の症状が起きてしまうのです。老眼の初期症状としては、近くのものが見えづらい、小さい字を見るときは少し離すと見えやすくなる、薄暗いと見えにくい、目が疲れる、肩こりや頭痛がするなどを感じることが多くなります。


老眼チェック方法


老眼は突然くるのではないので、そろそろシニアグラスを作らなければと、心構えができますから、その点ではあわてることはないのですが、確実に老眼であるかどうかを知りたいという方は、簡単にできるチェックをしてみてください。


1.小さな文字が見えにくい
2.夕方になると昼間のように物が見えにくい
3.近くのものを見ると疲れる
4.メールなどの文字入力をよく間違えるようになった
5.新聞や本などを少し遠ざけるとよく見える
6.人の顔がぼやける
7.活字を読むのが面倒になった
8.肩こりや頭痛が多い
9.メイクの際、細かい部分がうまくできない
10.長時間細かい作業をすると吐き気を感じるときがある


40歳以上で、この10項目のうち2つ以上当てはまると、老眼の可能性があります。多いほど老眼が進んでいるといっていいでしょう。さらにピントが合っているかをチェックしてみましょう。


1.人さし指を目の前にかざす(指紋がぼやけて見える距離)
2.人さし指をゆっくりと少しずつ遠ざけていく
3.指紋がくっきり見えたところでストップ


顔と人さし指の間の距離が30?以上であれば、老眼だということです。


最近はスマホやパソコンなどで老眼チェックができるサービスがありますから、参考にしてみるといいです。


目は二つあるため、片方が見えにくくなっていてももう片方が補ってしまうため、気がついた時にはかなり進行している可能性があるので、老眼チェックをして、進行を緩やかにするグッズを使ってみることをおススメします。


老眼鏡


老眼になると、ほとんどの方が必ず老眼鏡を購入します。この時自分にちゃんと合ったものを選んでいるでしょうか。


老眼鏡の種類には、「近用単焦点メガネ」「遠近両用メガネ」「累進多焦点レンズ」など目的に合わせたものが出ています。


「近用単焦点レンズ」は、慣れやすくて疲れにくいので老眼初心者の方に勧められることが多いようです。30?前後の距離に視点を合わせる場合にてきしています。新聞を読む、手仕事をするなど近くのものを見ることが多い人に向いています。


「遠近両用メガネ」は手元だけでなく、スポーツやドライブなどの遠方を見る時はもちろん、テレビやパソコンなどでも使える万能メガネです。メガネのかけ外しが不要なので老眼鏡では一番人気です。ただ、慣れるまでは違和感があります。レンズの境目が気になるという人もいます。


近用単焦点以外のメガネなどは「累進多焦点レンズ」のタイプとなりますが、あえて累進多焦点レンズとよぶメガネは、"境目のない遠近両用"の老眼鏡だからです。境目があるレンズは遠近の距離感にどうしても慣れることができない人がいます。長時間使用していると、頭痛がしたり気分が悪くなるという方もいるようです。


境目のない遠近両用レンズは一つのメガネで遠くも近くも、また中間の距離でも見える構造になっているため、ストレスフリーで使えます。最近はこの累進多焦点レンズを使用した遠近両用メガネが増えています。


最近は、「中近重視レンズ」というメガネも出てきています。オフィスではパソコンを使った仕事が増え、帰宅してからもパソコンを見るという方が増えています。日常にパソコンが密着している現代では、遠くより近くを見ることの方が多くなっているといえます。中近重視レンズは従来の遠近両用より手元の視野が広くなっているのが特徴です。


また、ドライブに適した「遠用重視タイプ」の遠くの視野がよりワイドに見えるレンズもあります。


老眼は治るの?


老眼になったら、老眼鏡に頼るしか方法はない、というのが今までの説でした。しかし、老眼は回復させ、予防もすることができるのだそうです。


老眼の原因は毛様体筋の衰えですから、鍛えなおすことで老眼を回復させることができます。40代、50代ならかなりの確率で、それ以上の方でも毛様体筋をしっかり鍛えればある程度回復させることができるとされています。


・レーシック
レーシックとは、レーザーで角膜を薄く削って光の屈折力を調整して視力を回復する手術です。


・レインドロップ
raindropという老眼治療用レンズを角膜に挿入する手術。


・アキュフォーカスリング
角膜の中に極小のリングを挿入する治療方法です。


・多焦点眼内レンズ
目の水晶体を取り除き、代わりに多焦点眼内レンズを挿入する手術です。


・フェイキックIOL
角膜の内側にレンズを入れる方法です。


・CK(伝導性角膜形成術)
CKは高周波を角膜周辺部に照射すること。角膜の形状を変えて視力を矯正する手術です。


・オルソケラトロジー
就寝中に特殊なコンタクトレンズを装着して、角膜矯正をします。


以上の老眼治療方法は医療的治療ですが、あまり聞いたことがないものばかりです。老眼治療が医学的に可能なんだということはあまり知られていないということでしょうか。


老眼回復法「ストレッチ」


加齢とともに筋力が衰えて、体のあらゆる箇所がたるんできます。顔の筋肉も下へ下へと降りてきて顎のあたりに溜まって、フェイスラインが崩れてきて歳をとったと実感するのですが、筋肉の減少やゆるみは体中でおきています。


目も例外でなく、毛様体筋がゆるんできます。毛様体筋は、焦点を定める働きをする水晶体を厚くしたり薄くする時に働く筋肉なんですが、この筋肉が減少、ゆるむことで調節ができなくなって物がボヤけてみえてしまいます。


目の健康のために、毛様体筋を増やし、鍛えることが大切です。目のストレッチをして毛様体筋を鍛えましょう。


『ストレッチ』
?人指し指にピントを合わせて3秒数えます
?2?3m先の対象物に目線を送ってピントを合わせて3秒数えます
?これを交互に10回繰り返します
?このストレッチを1日に3?4セット行う


『ぐるぐる回し』
眼球を、上・右上・右・右下・下・左下・左・左上・上というように8方向に動かすだけです。右回り・左回りを1セットとして、3セット行う。


他にも目をギュっとつむって、パっと開ける、目を寄せるなども毛様体筋を鍛えることができます。また、目が疲れた時などに効果があります。


老眼回復法「脳内視力アップ」


脳内視力とは、目で見た情報を脳の中で処理する力のことです。視力は「目、そのものの性能」と「脳内での情報処理」の2つで決まります。脳内情報処理が正常にできる状態であっても、目が弱っていれば、そこでもう"アウト"です。


逆に脳内視力が落ちている場合は、目で見た情報を処理することができず、"見えない"となってしまいます。脳内視力を上げるには、


1.見えると思い込む。老眼になると近くのものは"見えない"と最初からあきらめてしまいます。そうした思い込みで、脳が「近くは見えないもの」として情報処理しますから本当に見えなくなっています。ですから逆に"見える"と思い込むことで、脳でも見えるという処理がされるため、老眼の方でも近くが見えるようになってくるのです。


2.チベットホイール
チベットホイールとは、雪の結晶のような絵柄の図です。なぜチベットなのか、チベット仏教のマントラもこんな感じ?とも思えますね。使い方はチベットホイールを目から30?ほど離して持ちます。片目でチベットホイールの輪郭を目でなぞります。左右の目で1回ずつ計2回を1セットとして、1日2?4セットほどおこないます。


1周するだけでも結構疲れます。距離を徐々に近づけると目を大きく動かすことになるので、模様筋を鍛えることができそうです。


3.ピンホールメガネ
通販や百均で売っているピンホールメガネを使います。ピンホールメガネには小さな穴が何個が開いています。この穴からテレビやパソコンを見ると細かい光が網膜に届き、よく見えるようになります。文字を読むのではなく、ボッ?と見ているだけの方がよいのだそうです。


老眼回復法「周辺視野能力を鍛えて見る力をつける」


周辺視野能力とは、目で認識できる広さがどれくらいあるかということです。加齢とともにその範囲は狭くなっていき、転んだり、障害物を見落としてぶかったりします。


また、車の運転中に横断する人や自転車が視野に入らない場合があり、事故の原因にもなっています。


周辺視野を鍛えるには、顔をまっすぐにしたまま、両手の人差し指を立て、目の高さにします。立てた人指し指をゆっくり左右に離していき、見えなくなる広さになったら今度は、左右の人差し指を近づけていきます。顔と目は動かしません。


この動作を繰り返すことで、周辺視野が広がっていきます。スポーツ選手などが行うトレーニングで、「ナンバータッチ」があります。数字を指で順に指しいきます。数字はアットランダムに配置されているので、いかに早く指すことができるかも課題になります。


このトレーニングによって、遠近のピント調節力も鍛えられます。ゲーム感覚で行えるように工夫されていて、間違いさがしやウォーリーを探せなどもよいトレーニングになります。


老眼回復法「動体視力を鍛えて見る力をつける」


老眼は近くのものが見えにくくなるだけではなく、めまいや吐き気、転倒など視力とは関係なさそうな症状がでることがあります。その理由は、老眼になると動体視力、深視力、周辺視野力、空間認識力、明暗順応力など目の機能が低下するためです。


ものがはっきり見えないことで、障害物であることが脳に伝わらず、転んだりつまずいたりします。最悪の場合、自動車事故を引き起こすこともあります。


動体視力や周辺視野能力、空間認識能力を鍛えて、めまい、吐き気、転倒、自動車事故などを防ぎましょう。


1.動体視力を鍛える
動体視力は動いている物体を目でとらえる能力です。これを鍛えて自動車事故や自転車事故を未然に防ぎましょう。動いている車のナンバーを読み取る、また動いている乗り物の中から見える看板の文字を読み取るというような方法です。トレーニングには動体視力トレーニングメガネなどを使ってもいいです。


老眼回復法「空間認識能力を鍛えて見る力をつける」


空間認識能力とは、自分と物体との距離を感覚的に認識する能力のことです。車の運転をする方ならわかると思いますが、カーブなどでどのくらいハンドルを回したら、物にぶつからずに回れるかは目で見て感を頼りに行っています。


運転初心者の頃は恐る恐るだったと思いますが、徐々に感でできるようになったのではないでしょうか。このように人には空間をとらえる能力が備わっているのです。しかし、それも年齢とともに衰えてしまいます。物にぶつかったり、つまづいたり、転んだりします。


空間認識能力を鍛えるには、ティッシュを1枚高く放り上げて落ちてしまわないうちに受け止めるという方法。高く上げると軽いティッシュは、ヒラヒラと落ちてきますが、思いがけない方向へ落ちていくので、結構大変です。しっかりと目で追跡しないと受け止められません。おもしろいので、どなたでもできると思います。


また、地図を描いてみるのもいいでしょう。自宅周辺の地図でも上手く描けないという人もいます。慣れ親しんだ場所の地図が上手く描けない人は空間認識能力が低いということです。


目薬の選び方は?


老眼回復と予防には、ビタミンB12を含んだ目薬が良いとされています。ビタミンB12は、毛様体筋の働きを助け、ピント調整をしやすくする効果があります。ですから、目薬を購入する時は迷わず、ビタミンB12を含む目薬を選ぶようにしましょう。


目薬は使い方にも注意が必要です。目に涙や目薬液を溜めておけるのは、0.03mlです。目薬の一滴の量は約0.05mlですから、目薬をたくさんさしてもムダになります。使用量は守りましょう。


目薬をさす回数も使用説明書をよく読んで守りましょう。目薬は薬です、使用限度を超えた使い方をすると薬になりませんね。そして使用期限を守りましょう。期限を過ぎると目薬の質が悪くなったり、雑菌が入ってしまうことがあります。


目薬の差し方は、実はとても大切で、薬の効果をあますところなく発揮させるためにも正しい目薬の差し方をマスターしましょう。下まぶたを少し下にさげて、目薬を指したら、両方の目頭をつまんで薬が鼻に流れないようにします。


人気のルテインサプリ

 

目に関するお役立ちコラム

 

目の病気