目に関するお役立ちコラム

目のクマ・たるみ・むくみの改善方法は?マッサージ・食事など


目の周りの皮膚は薄く、デリケートなため、たるみやしわなどの老化のサインがあらわれやすい場所です。また、毛細血管も多く存在しているので、血行が悪いと、クマやむくみなどが目立ちやすくなります。このような目の周辺の悩みを解決するためにはどのような方法があるのでしょうか。


クマには、青グマ、黒グマ、茶グマがあり、種類によって原因とケア方法が異なります。青グマは血行が悪いことが原因でできるので、睡眠不足の翌日や、目を酷使している人はできやすいものですが、その中には冷え症が慢性化している人も少なくありません。この場合は、体全体の血のめぐりを良くすることが一番の改善方法なので、適度に体を動かす習慣を身につけるとよいでしょう。


また、目の周りのツボをゆっくりと圧をかけながら押すマッサージを行うのも効果的です。黒グマの原因は、目の下の皮膚のハリや弾力がなくなり、たるみが影を作ることでできます。そして、皮膚のハリや弾力に関わっているのが、コラーゲンです。コラーゲンは加齢によって減少するため、ビタミンC誘導体やレチノールが配合された化粧品を使って、コラーゲンを増やすようなケアをすることが大切です。


また、食事では、肉や魚などの良質のタンパク質と、ビタミンが豊富な緑黄色野菜をバランスよく食べると、内側からコラーゲン生成をサポートすることができます。茶グマの正体は、目の下にできたシミとくすみなので、メラニンを排出することが肝心です。紫外線はシミだけではなく、肌全体の老化をまねくため、紫外線対策は年間を通して必要です。日常のスキンケアでは、美白成分が配合された化粧品を使い、定期的にピーリングを行うと良いでしょう。


そして、むくみは血行不良と関係しているため、むくみとクマは同時に起きやすく、むくみをケアすると、クマ解消にも役立ちます。効果をすぐに実感できるのは、蒸しタオルで顔を温めた後に、冷たい水で顔を冷やす温冷ケアです。数回繰り返すと、血行が改善され、目の周りだけではなく、顔全体のむくみも解消されます。


関連コラム

目がゴロゴロする違和感・異物感の解消方法は?目の病気の場合もある?
目の充血の原因と対処方法 | 抗生物質の目薬や紫外線カットの話
ブルーライトの悪影響とブルーライトカットのPCメガネについて


人気のルテインサプリ

 

目に関するお役立ちコラム

 

目の病気