目に関するお役立ちコラム

目の充血の原因と対処方法 | 抗生物質の目薬や紫外線カットの話


健康のために身体を労わったり美容のためにスキンケアを頑張ったりというように、メンテナンスとして様々な努力をしている人は多くいます。しかし目の健康にまで気を遣っている人は少なく、目の充血や疲れに悩まされている場合もあります。目の乾燥やドライアイなどの症状は乾燥が強くなる冬から春に掛けて多く表れますが、目の充血は季節を問わず起こる事です。


原因は人それぞれですが、例えば春であれば、花粉症などのアレルギーによって引き起こされる事が多く、風の強い日などは花粉がより多く飛散しますから余計に赤くなってかゆみなども併発してしまう場合があります。夏場になれば花粉は落ち着きますが、強い紫外線によって、目も日焼けをしたような状態になり、充血してきます。


これは一時的なものではなく、一度日焼けをすれば数日はそのままの状態になってしまいますから厄介です。また、秋や冬でも、目の疲れや乾燥によって赤みを帯びてくる事もありますから、パソコンなど、目を使う仕事をしている人は予め解消法を知っておく必要があるでしょう。


まずアレルギーによる目の充血に対しては、抗生物質の目薬などが効果的です。痒みや痛みがある場合は、スッキリさせるための目薬を頻繁に打つ事が多いですが、抗生物質の入っていないものであれば、何度点眼したとしても、一瞬だけ目をスッキリさせるだけですぐに元の状態に戻ってしまいます。眼科で処方されるような目薬であれば充血の解消に役立つものが多く、即効性としても問題ありませんから、慢性的に悩んでいるという場合は一度診察を受けてみるのも良いのではないでしょうか。


また、紫外線による充血の場合はサングラスや紫外線カットのメガネなどで目を保護するしかありません。長時間外出する場合などは特にこうした対応をしておかないと、充血だけではなく、疲労にも繋がっていきます。瞬きをして出来るだけ紫外線を受けないようにするなど対応が必要です。


関連コラム

目がゴロゴロする違和感・異物感の解消方法は?目の病気の場合もある?
疲れ目の対策には冷やす?温める?どっちが正解なの?
目のクマ・たるみ・むくみの改善方法は?マッサージ・食事など



人気のルテインサプリ

 

目に関するお役立ちコラム

 

目の病気