目の病気

加齢黄斑変性とルテイン・ゼアキサンチンサプリとの関係


加齢黄斑変性は加齢によって発症する目の病気です。加齢黄斑変性になると、物が歪んで見えたり、物が見えにくくなります。特に物の中心部分が歪んで見えるようになり、水をコップに注ぐ時にこぼしたり、針仕事などの細かい作業がとてもやりにくくなります。最悪の場合は失明することもあるので、高齢の人は十分に注意することが必要です。


加齢黄斑変性は片目だけ発症することもあるので、あまり自覚症状を感じないことも多いです。40歳以上になると加齢黄斑変性を発症しやすくなりますので、定期的に眼科の病院で検査を受けることが予防法になります。加齢黄斑変性は自然治癒することはないので、眼科の病院で治療することが必要です。眼科では点眼薬を処方してくれますので、点眼薬で治療をすることになります。重症の場合は外科手術で治療を行うことになります。


加齢黄斑変性を予防するには、サプリメントの摂取も予防に役立ちます。加齢黄斑変性の予防に役立つサプリメントには、ルテインやゼアキサンチン、DHAとEPAなどがあります。これらのサプリメントを続けて摂取すると目の健康に役立ち、眼病の予防につながります。ただし、医薬品のような確実な治療効果はありませんので、症状が重い場合は必ず眼科の病院で治療を受けることが必要です。


ルテインとゼアキサンチンのサプリメントが目に良い理由は、光の刺激から目を守る働きがあるためです。ルテインとゼアキサンチンは目のカーテンのような役割を果たし、紫外線などの有害な光から目をガードしてくれます。ルテインとゼアキサンチンのサプリメントは、パソコンやスマートフォンをよく使う人におすすめです。


DHAとEPAはオメガ3脂肪酸で、血管に付着している脂肪を減らして血行を良くする働きがあります。DHAとEPAのサプリメントを摂取すると目の網膜の毛細血管が綺麗になり、血行が良くなる効果が期待できます。網膜の血行が良くなることで、加齢黄斑変性などの眼病の予防に役立ちます。


その他の目の病気

老眼は予防できる?治療方法は?ロドプシンと老眼の関連性についても
飛蚊症の症状や対策方法 | サプリメントで改善する場合もある?
緑内障の原因・症状・治療方法 | 早期発見が大事?



人気のルテインサプリ

 

目に関するお役立ちコラム

 

目の病気