目の病気

網膜剥離とはどんな病気?症状・原因・手術方法


網膜剥離とは目の内側にある網膜がはがれる病気です。痛みを伴わないためになかなか気が付きにくいのですが、症状として飛蚊症があります。飛蚊症は目の前を、糸くずや黒い虫などがはってみえる症状です。視線を動かすと黒い物体が付いてきます。


時には光視症といって、ピカッと光るものや稲妻状のものが見えることもあります。飛蚊症は加齢や強度の近視などでも見えることがあり生理的な現象です。しかし網膜剥離の前兆として飛蚊症がひどくなることがあります。ほかに視野全体がすすけて見える症状や、ものがゆがんで見えることがあります。


見える範囲が狭くなったりして、メガネを変えても視野が改善しません。また網膜剥離が急激に起きるとあっというまに視力が低下することがあります。網膜剥離の原因としては加齢があります。網膜に接している硝子体が加齢によりサラサラした液状とベトベトしたゲル状に分かれます。このときに網膜に穴が開くことがあります。これが網膜剥離です。


他にも強度近視や遺伝的な原因で、網膜剥離を起こすことがあります。若い人で、目の打撲をした場合に網膜が打撃をうけ、網膜剥離を起こすこともあります。網膜に穴があいただけで、網膜がはがれていない場合は網膜凝固法で剥離を予防することができます。剥離してしまった場合には手術が必要になります。


手術には、強膜バックル術と硝子体手術があります。強膜バックル術とは、網膜の外側にある強膜を、目の内側にへこませて、網膜と眼球の壁の距離を近づけます。その上で冷凍凝固術や光凝固術を行って穴を固める手術です。穴を固めると周囲の細胞から自然に糊状の成分がでてきて穴をふさぎます。穴が完全にふさがれるまでには2週間かかります。


もう一つの手術が硝子体手術です。硝子体を切除して、網膜を引っ張っている硝子体を外したり、網膜に接着した膜をはがしたりします。また網膜にレーザー光線をあてて穴を凝固することもあります。


その他の目の病気

老眼は予防できる?治療方法は?ロドプシンと老眼の関連性についても
飛蚊症の症状や対策方法 | サプリメントで改善する場合もある?
緑内障の原因・症状・治療方法 | 早期発見が大事?



人気のルテインサプリ

 

目に関するお役立ちコラム

 

目の病気