目の病気

白内障の治療方法・手術について解説


白内障は水晶体が濁る病気で、初期の段階では自覚症状がほとんどありません。進行すると視界が白っぽく霞んだり黒っぽくなったりします。光が実際より眩しく見えることもあり特に夜間に多く見られる症状です。初期の段階では視力が低下しますが、メガネやコンタクトレンズを調整しても物の見えづらさは変わりません。


視力低下を相談するために眼科に行って白内障を発見するケースも多いです。加齢に伴って発症した場合は進行してから気づくことがほとんどなので、手術でしか治療できません。白内障の治療では、進行度や視力、見え方、血液検査などを行い手術後の視力向上や合併症の予防につなげています。これらの検査が終わったら手術が行われます。まず細いメスで角膜と結膜、強角膜の近くに小さな傷を入れます。眼内をジェル状の物質でいっぱいにし手術の安全性を高めます。


白く濁った水晶体の中身を吸い出すため、水晶体を覆う水晶体嚢という袋の前側をはがします。そして超音波が出る特殊な棒をそこに入れて、水晶体を細かく砕きながら吸い出します。中身を全部吸い取ったら小さく折りたたんだ人工のレンズを、最初に作った傷口から水晶体嚢の中に入れます。最後にジェル状の物質を抜いて水を入れ、傷口を閉じたら終了です。通常の手術は眼だけ麻酔を行います。


眼は開いた状態をキープできる器具で固定されるので、患者は眼を開こうと頑張る必要はありません。体の力を抜き途中で医師から下や上を見るように指示されるので、できるだけ体を動かさないように眼を向けます。手術は15分ほどで終わったらしばらくリクライニングチェアで安静にします。白内障の手術は日帰りで行えるので気軽な手術と見なされやすいです。しかし実際は医師が高度な機器を使って、顕微鏡を見ながら細かい作業を行っています。


手術後すぐには合併症の有無や視力の安定などを把握できないので、定期的な検査を受けて早期に対応できるようにします。


その他の目の病気

飛蚊症の症状や対策方法 | サプリメントで改善する場合もある?
緑内障の原因・症状・治療方法 | 早期発見が大事?
加齢黄斑変性とルテイン・ゼアキサンチンサプリとの関係



人気のルテインサプリ

 

目に関するお役立ちコラム

 

目の病気