ルテインは天然のサングラスとも呼ばれ、電子機器から出るブルーライトや紫外線などの光の刺激から目を保護してくれる効果があります。

もともとルテインは私たちの目に存在している成分ですが、加齢・紫外線・喫煙などの影響で減ってしまうので、サプリや食事で補ってあげるのが良いです。

こんな悩みをかかえてませんか?

パソコン作業がつらい。
新聞・本の細かい文字が読みづらい。
夜の車の運転が最近怖くなってきた。
目が乾くことが増えた。
目の奥のほうが重く感じる。

このような方にルテイン配合のサプリメントは支持されています。

効果の感じ方には個人差はありますが、ルテインサプリを飲み始めて2日程度で違いを実感でき、 「パソコン作業が疲れにくくなった。」「車の運転時にはっきり見えるようになり不安が解消した。」などの口コミは多く見かけます。

以下に、信頼度が高くて人気のルテインサプリを厳選して掲載していますので、参考にしてみてください。

1位 めなり

今までにない理想の高スペックサプリ。

ルテインサプリの中でも人気の「めなり」。驚異のリピート率93.9%という数字が実感力の高さを物語っています。

ルテイン・ビルベリー・ゼアキサンチンをはじめ、アスタキサンチン・βカロテン・クロセチン・ミネラル・ビタミン群などもサポート成分として贅沢に配合。

高品質なサプリなのに、価格は1日33円からとコストパフォーマンスにも優れているルテインサプリと言えます。

 

 


2位 めばえ

ルテイン配合の機能性表示食品。

ブルーベリーサプリなど様々なサプリや健康食品で有名な「やわた」という会社のルテインサプリ。

マリーゴールドより抽出されたルテインが1日目安の1粒中に20mg配合。機能性関与成分である「ルテイン」の配合量に自信を持っているサプリです。

ルテインには、コントラスト感度を改善したり、ブルーライトなどの有害な光の刺激から保護するなど、目の調子を整える機能があるという報告があります。

 

 


ゼリータイプのサプリメント。

ゼリータイプであること。そして、ルテインサプリなのにプラセンタが配合されていること、など他社の商品とは一味違ったタイプのサプリメント

プラセンタの配合されているルテインのサプリはあまり見かけません。プラセンタエキスは肝臓の働きを助ける働きがあります。肝臓と目の関係に着目し、ルテインの力をサポートする目的で配合されています。

そんなプラセンタエキスがしっかり6,000mg入っています。

 

 


4位 一望百景

今なら半額キャンペーンでオトクに通販できます。

「一望百景(いちぼうひゃっけい)」は沖縄本島産「八重山かずら」と沖縄県久米島産「紅イモ」が使われているサプリ。

「八重山かずら」にはホウレン草の3倍のルテインが、「紅イモ」にはブルーベリーの4倍のアントシアニンが含まれます。

沖縄には年配の方でもメガネをかけている方が他の都道府県と比較して少ないと言われますが、こういった沖縄独特の食生活も目が健康であることの1つの原因と考えられています。

 

 


5つのベリーを厳選して配合。

数あるベリーの中でも、スーパーフルーツと言われるポリフェノールを多く含む5つのベリー「マキベリー・エルダーベリー・ビルベリー・カシス・赤ワインポリフェノール」を厳選して配合したサプリ。

この他にも、ルテインをはじめ、アスタキサンチン・メグスリノキなどのスッキリ成分がプラスされています。

「運転が楽になった。」「夜になっても辛くなくなった。」などの口コミあり。

 

 




「めなり」が選ばれている理由は?


数あるルテイン配合のサプリの中でも多くの方に選ばれているのが「めなり」というサプリです。 「飲み始めてすぐに効果を実感できた。」という方も少なくないようです。

ルテイン・ゼアキサンチン・特許取得ビルベリーなどの主成分にプラスして、 クロセチン・アスタキサンチン・βカロテン・ミネラル・ビタミン群などサポート成分も贅沢に配合。

「実感力が違う。」ということでモニターリピート率は93.9%。 サプリメントのリピート率でこの数字は他ではなかなかないと思います。

そして、これだけ高スペックなサプリなのに、 1日わずか33円からという続けやすい価格設定なのも、目に悩みを持たれている多くの方々に支持されている秘訣と言えそうです。



>>「めなり」詳しくはこちら


ルテインサプリの特徴




ルテインは目に良い成分と言われています。ものを見ることは光を見ることになるため、網膜に負担がかかってしまうことになります。 特に強い光は網膜にとっては有害なものであり、紫外線や可視光線によるダメージを軽減するため、ルテインという成分が重要なのです。

現代人の多くは目を酷使する生活を続けており、さまざまな目の症状に悩んでいると言われています。 目は生活習慣の影響を受けやすく、喫煙や乱れた食生活、運動不足などによってトラブルが起きてしまうこともあります。 今の日本では日頃からパソコンやスマートフォンを長時間使っている人も多く、そのような状態が長く続くと目がダメージを受けやすくなります。 試しに自分の1日を振り返ってみてください。仕事・プライベートを合わせると、寝てる時間以外はほぼ何かしらの電子機器の画面を見ている・・・なんて人も少なくないはず。

目の病気を予防したいという場合、ルテインを摂取するという方法がおすすめです。 ルテインはサプリから摂取する方法が簡単なのですが、1日の摂取量などが気になるものでしょう。 健康な人なら1日で6mgから12mg程度が目安とされており、病気などが疑われる場合は20mg程度摂取することが大切です。

少ない量で良い場合はもともと配合量が抑えられているサプリを選んでも問題ありません。 しかし、摂取量の上限がきちんと決まっているわけではありませんし、ルテインは過剰に摂取しても体への悪影響はないことを知っておきましょう。

また、年齢を重ねると目の健康だけでなく、体にもさまざまな不調が現れてきます。そこで摂取量ではなく吸収率のことを考えてサプリを摂取することが大切です。 ルテインの配合量はサプリごとに異なっており、どの商品にしたら良いのか迷ってしまうかもしれません。

中にはかなり配合量の少ない商品などもあるため、本当に効果があるのか気になってしまうこともあるでしょう。 なぜルテインの少ないサプリがあるのかということですが、配合量を抑えればそれだけ商品を安く作れるためです。 たくさん商品を売ることだけを考えているメーカーの場合、ルテインの配合量が少なめになっていることもあるので注意しましょう。

ビルベリーの効果は?ビルベリーサプリの選び方は?




ビルベリーサプリは疲れ目に悩んでいる方に最適です。 眼病を防ぐ作用はないので、あくまで健康食品として利用してください。 眼球の毛細血管の血流をよくして、疲れにくい状態にするものです。 目安量を毎日コツコツと飲むことで目が楽になりますが、医薬品ではないので即効性はありません。 ただ、サプリの中ではビルベリーは体感しやすいことで知られており、飲んで3日以内に実感する方も多いです。 ビタミンやミネラルなどのベーシックサプリと比べて体感しやすくなっています。

ビルベリーサプリには、必ずアントシアニンが含まれています。 目によい成分がアントシアニンなので、含まれていないと意味がありません。 ビルベリーサプリを選ぶときのコツは、アントシアニン量を比較することです。 それ以外のおすすめ成分にはルテイン、ビタミンA、ベータカロチンなどがあり、これらの成分も含まれているものはなおよいです。 内容成分が充実しており、かつ毎月継続できる価格帯のものを選びましょう。 継続しないと意味がないので、価格の高すぎるものはいけません。

あとは実際に飲んで、体感できるか確かめてみることです。 サプリには少なからず相性があるため、成分量はほとんど同じでも実感しやすいもの、そうでないものがあります。 数値だけでは判断できない部分なので、これは飲んで確かめるしかありません。 ビルベリーサプリは、飲むのをやめたときに実感しやすい特徴があります。

疲れ目が解消してその状態が当たり前になると、実感できていないと感じるかもしれませんが、飲むのをやめると急に眼精疲労がひどくなることがあります。 これはビルベリーに限ったことではありませんが、サプリは飲み始めるときよりも中止したときのほうが相性がわかるのです。 いずれにしても、実感をするためには最低1ヶ月は飲んでみる必要があるでしょう。 本来であれば3ヶ月は飲むのが好ましいですが、ビルベリーに関しては短期間で実感しやすいので1ヶ月でも大丈夫でしょう。

アスタキサンチンは目に良い成分?




物を見る時には目の周りの毛様体筋という筋肉の働きによって水晶体の厚みを変化させ、ピント調節を行っています。 ピント調節がうまくいかなくなると物が見えにくくなったりかすんだり、痛みが現れることもあります。

近年ではパソコンを使った仕事に就いている人も多く、テレビゲームやスマホなどの使用によって常に疲れ目を感じている人もたくさんいますので、 疲れ目を改善するためのノウハウを持っている人も多いようです。

頑固な疲れ目にも効くということで最近注目されているのがアスタキサンチンです。 アスタキサンチンとはエビやサケなどに含まれる赤色色素のことを指し、脂肪燃焼の効果があることからダイエットに有効だとされてきました。 また、強い抗酸化作用を持ちますので、美肌効果も得られると評判です。

目は生命活動を営む上で非常に重要な器官であり、網膜に必要な栄養素しか届かないようになっています。 その網膜に必要なものかどうかを見分ける働きをしているのが血液網膜関門であり、 血液網膜関門を通過できないといくら優れた効果を発揮する成分であっても目に良い作用をもたらすことができません。 アスタキサンチンはこの血液網膜関門を通過することができる数少ない成分の一つであり、目のトラブルの原因となる活性酸素を除去して紫外線から目を守ってくれます。

また、アスタキサンチンには血液の流れを良くする働きがあり、溜まった疲労物質を素早く排出することができます。 慢性的な眼精疲労も軽減できますので、デスクワークなどで疲れ目が気になる方は積極的に取り入れたい栄養素です。

アスタキサンチンを食べ物から摂取し続けるのは難しいので、サプリメントを上手く活用することが大切です。 最近のサプリメントはどれも吸収率まで考えて作られており、他に含まれる成分との相互作用も期待できます。 サプリメントなら、一定の量をコンスタントに摂取し続けることができますので、有効な対策となります。

カシスは好きですか?




視力が低下してきた時、ベリー類を食べると視力回復に効果的だと言われます。 ですがベリー類と言うのは収穫される時期が決まっていることがほとんどですし、年中頻繁に食べられるものでもありません。

ですから冷凍食品やジャム、ドライフルーツなどの加工食品で食べる人も多いです。 ですが、食べるとなるとそんなにたくさんの量も食べられませんから、ジュースなどで飲むことができたらもっと手軽で良いでしょう。

そこでおすすめなのがカシスです。カシスは酸味があるのでレモン同様にそのまま食べられることは少ないですが、ビタミンcが豊富で美容と健康に良く、 甘みを少し加えたり他の果物を混ぜることで美味しくジュースとして飲むことも可能です。

そしてカシスは美容と健康だけでなく、視力回復、目の疲労回復にも効果があるとして注目されています。 カシスには末梢血管の働きを良くする成分も含まれている為、それが目の疲労回復にも効果があると言われています。

カシスに含まれるカシスアントシアニンは目のピントのずれやぼやけなども改善させる効果が期待できるので、仕事中焦点が合わなくなってイライラするのを防ぐこともできるでしょう。 疲れ目や視力の低下はすぐに改善できるものではないですが、毎日カシスを摂取する癖をつけることで徐々に目の状態も良くなっていくことが期待できるでしょう。

また、疲れ目になってくると気になるのが目の下のクマです。目の下にクマができてしまうと老け顔にも見えてしまいますし、不健康な人にも見えてしまうでしょう。 ですから老け顔に見せないようにするためにもカシスを摂取していくといいでしょう。目元のシワ同様、目の疲れ、変化と言うのは老いを感じさせてしまいます。

クマを作らないようにするためにも取り入れていくと良いです。そして毎日忘れずに取りいれようとするのであれば、 ジュース同様にサプリメントを利用してみてもいいでしょう。酸味も気にせずに取り入れることができます。

疲れ目には、様々な症状があらわれます。




目が重い・しょぼしょぼする・目が痛い・目がかすむ・充血する・目の周りの筋肉が痙攣する・・これら全て、疲れ目の症状です。 目だけではなく、頭痛や肩こり、めまいや吐き気などを引き起こす事もあります。

疲れ目は、パソコンやスマートフォンなどの長時間利用、テレビの長時間の視聴など、目の酷使が原因とされることも多いですし、 メガネやコンタクトレンズの矯正不良によっても起こります。 時に、循環器系の疾患や自律神経の乱れなど、他の病気が原因で疲れ目の症状があらわれている事もありますので、心当たりがある場合は、医療機関を受診することも大切です。

目の疲れを感じた時の対策として、ツボ押しやマッサージが有効です。目の周りには、疲れ目に効くツボが多数ありますので、 気になる時にツボ押しをする事によって、目の緊張もほぐれます。 有名なツボは、晴明(せいめい)です。目頭の少し上に窪みがありますが、片手の親指と人差し指をツボにあて、鼻筋を挟むような感じで押します。 この時、眼球そのものを押さないように注意することが大切。鼻筋に向かって押すようにするのがコツです。

もうひとつは、魚腰(ぎょよう)というツボ。頭痛や老眼にも効果があると言われています。 黒目からまっすぐ上がった所、眉毛の真ん中辺りにあるツボです。ツボに左右の親指の腹をあてて、押します。 上に押し上げるようにするのがコツですが、力の入れ過ぎに注意しましょう。

マッサージする場合は薬指で行うと、力が入り過ぎないので負担がかかりません。 目尻からスタートして下瞼を通り目頭、上瞼、目尻と、ぐるりと一周優しく目の周りの筋肉をマッサージするのがポイントです。 2?3回繰り返して行います。ここでも、眼球は押さないように注意しましょう。

目薬も疲れ目対策には有効です。 ピント調節機能がある成分メチル硫酸ネオスチグミンや、ピント調節機能改善効果のあるビタミンB12などが入っているもの等、 様々ありますので、療法容量を守って正しく利用することが大切です。





サイト更新情報

2016-9-23 トップページなどを更新しました。

目に関連するお役立ち情報

視力|視機能・視力検査の専門団体「公益社団法人 日本視能訓練士協会」
ブルーライト研究会
日本眼科学会

人気のルテインサプリ

 

目に関するお役立ちコラム

 

目の病気